正しく洗って育毛へとつなげる!

毎日のシャンプーは、単に髪を洗うだけでなく、
育毛や脱毛予防の基本になります。
 日頃何気なく使ってるシャンプーと言う言葉。
 実はこれが「チャンプー」というヒンディー語が
 語源で、「マッサージをする」という治療的な意味が含まれて
 いることは意外と知られてません。

 昔から理容店では、「髪を洗う」ではなく
 「頭を洗う」と言ってきましたが、
 これも髪を洗う以上に頭皮を洗うことの
 重要性に注目してきたからです。
 
 頭頂部はほかの皮膚とは異なり、
 その下に筋肉がありません。
 しかも身体の一番上にあるため、
 ただでさえ血流が悪くなりやすいのです。

 「血流は薄毛の人では正常の人の
 2・6倍悪い」という研究結果も発表されているほかどで、
 シャンプー時に頭皮をマッサージすることは、
 育毛にとっても重要な意味を持ちます。
 
 まず、シャンプーする前には、
 ブラッシングで頭皮のフケ、髪の表面についた
 ほこりや汚れを浮かせます。

 また、シャンプー前のひと手間として、
 ホホバオイルなどのクレンジングオイルを
 頭皮に塗布するのもよいでしょう!

 毛穴につまった落ちにくい汚れや皮脂をオイルによって
 浮き立たせることで、シャンプーによる
 洗浄効果を高めることができます。

 毛穴につまった汚れや皮脂は、
 育毛剤の浸透を妨げます。
 育毛剤が毛穴の奥の毛乳頭や毛母細胞に
 届かなければ、肝心の育毛効果も期待できません。

 頭皮を毛穴レベルで清潔に保つことは、
 育毛およびスカルプケアの基本といえるのです。